リノベの流れ

中古&リノベーションの進め方

中古住宅を購入して、予算内で理想の住まいを作っている人が増えています。
中古物件をリノベーションするにはどのようにするのか見ていきましょう。

1) 物件探し→不動産屋

中古物件を不動産屋で探します。

2) リノベーションをする会社を探す→工務店・リフォーム会社

見つけた中古物件を工務店・リフォーム会社でリノベーションの設計・施工をしてもらいます。

どこに依頼するのか、会社探しから始まります。

会社選びは、

・不動産会社・リノベ会社を別の会社に依頼

・ワンストップサービスの不動産もリノベ施工も行ってくれる会社に依頼

通常、この二つのパターンが考えられます。

不動産会社・リノベ会社を別の会社に依頼

【メリット】

好みの不動産会社、好みのリノベーションを施工する会社と好きな会社をそれぞれ選ぶことが可能。

【ここが注意点!】

リノベ会社を先に探しておくこと

・部屋のレイアウトが希望通りに変更できるか、リノベ会社でないと判断できない。

・リノベ費用は物件の住宅ローンに組み込めるが、申込時にリノベの見積書が必要。

・物件を購入すると支払いが発生するので、現在の家賃と購入した物件の支払いが二重払いにならないようにスケジュール調整する。

ワンストップサービスの会社に依頼

【メリット】

物件探しの段階から、リノベについて相談できる。

手続きなど煩雑な業務が効率良く進めることが出来る。

住宅ローンの契約時に必要なリノベ見積書を提出できる。

家賃の二重払いを抑えることができる。

【ここが注意点!】

ワンストップサービスと言いながら、施工は別会社がするというリノベ会社もあるので要注意

一つの窓口で相談もしやすい、ファミリーグループのワンストップサービス